家族で鬱になってしまった人がいる場合、少しでも早く回復してもらいたいと思いませんか。ここでは、家族の鬱をなるべく短期間で回復させる方法について述べていきたいと思います。鬱の場合、体の変調にはすぐに気付くことができるはずですが、心の変調にはなかなか気付きにくいという点があることでしょう。落ち込んでいる、何もやる気が起きない、仕事への意欲の低下など、身近にいる家族や周囲の人たちが早いうちに異変に気づくことが大切になります。そして、異変に気づいたら、早めに病院などで適切な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を受けることです。また、鬱への理解を深めることを怠らないでください。鬱の治療は、家族や周囲の理解とサポートが必要不可欠なのです。患者本人に、好きなだけ休養を取らせることも重要になります。心身共に疲れきっている状態であると思われますので、ゆっくり休養を取ってもらいましょう。頑張れと言う励ましの言葉は、当然ですが禁句です。気分転換をさせようと、無理して外出させないことも重要です。ただでさえ疲れきっている中で外出させても、余計に病状を悪化させるだけになることもあります。外出するのは、本人の様子を見て、ある程度回復してからのほうが良いと思われます。患者とある程度の距離を保つことも、時には必要になることもあります。鬱の症状により、相手に攻撃的な態度を取ることもあるため、微妙な距離感を保てる関係を築いていきましょう。とにかく、鬱は治療が遅れるとそれだけ鬱の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が長引いたり、薬の効き目が出にくくなるといった悪影響が出やすくなります。早めに治療を始めることで薬の効き目も出て、症状の回復を早める事が出来るために、結果として治療も短期間で終わらせることが可能となるのですー